みんな大好きJolibee!!!

Philippine's people

みなさん、おはようございます。昨日はお休みでしたので、ちょっと羽を伸ばしてマクタンの方をうろつこうと思ったのですがついた瞬間に雨が降り、気が変わりSMセブをウロウロしていました。出不精の僕には珍しく外に出ようとしたのに、、、雨め。。。それにしてSMはかなり活気が戻りましたね。コロナ前と変わらないんではないでしょうか。そして、おそらく15日以降の給料日を目指して、多くの人が買い物に行く事でしょう。この国はクリスマスに命を懸けていますからね。僕もこっち側の家族にクリスマスプレゼントを買うか買わないか悩んでいるのですが、今年はコロナ渦で既にお金の支援も結構していたからいいかなぁ、、と思っていますし、実際に僕自身プレゼント貰った事ないのでなしの方向にグッと心が偏っている、そんなtumatoshiです。SMを後にして、Lahugのコンドミニアムに住んでいる友人のところへ。お腹すきました、、、サクッと食べて向かいたかったので、tumatoshiはジョリビーを選びました。

みんな大好きJolibee!!!!

フィリピンに来たら、真っ先に目が付くあの赤い鉢の看板、、、『Jolibee』です。現地の人は略後として

じょびー

なんて言い方をする人もいます。もう『り』しか抜かさないんだったら、しっかり『ジョリビー』と言ってもらいたいですね(笑)

ジョリビー詳細

正式会社名 Jolibee foods corporation

創立 1978年

総店舗数 1400店舗

President Tony Tan Cakitong

株価 209ペソ

そうなんです。めちゃくちゃ大きい会社なんです。上場も既にしていて各地区いたるところにジョリビーの赤い看板が見えますね。田舎の方にもチラホラ見えますし、僕は大体待ち合わせに遅れる時は、

今、ジョリビーの近くだから、もうちょっと待っててや

と、言います。これで大体OKになるのがこの国です(笑)フィリピン内では、全世界シェア率№1のマクドナルドを抜いて、ジョリビーがが店舗数1位となっています。

ジョリビーの現在

実際にフィリピンに来るとわかるのですが、店舗数が本当に多いです。しかし、今回のコロナでこのデカイ会社もダメージを食らっています。現在では株価が200ペソまで戻ってきましたが、今年の3月には90.78ペソまで下落しています。確かに当時のフィリピンは、外出禁止令が非常に強く、またスーパーマーケット、薬局、病院、銀行を除く機関はほぼ閉まってしまい、なすすべがなかった状態かと思われます。そして、255店舗のジョリビーを閉店すると発表されました。実際はどのくらい閉店したかはわかりませんが、、、店舗数を減らすことで、コストを下げる形ですね。日本もそうですが、おそらく全世界共通で外食産業は苦戦をしているかと思います。しかしここは、フィリピン国内最大大手です。70億ペソ(約150億円)を投入しデリバリー事業強化に走りました。現在、その事業強化の効果があるかどうかはわかっていませんが、トニー・タンは『2021年度に安定した地盤を作り上げるために2020年は基礎を作り上げる』と発表しています。

実際にジョリビーを食べてみましょう!!

みなさんが思うファストフードって、ハンバーガー、ポテト、ナゲット、コーラみたいなイメージだと思いますが、ここは違います。お米大国と言われているフィリピンでは、ハンバーガーより、ライス、フライドチキンセットの方が盛んです(笑)そんなジョリビーを、実際に食べてみましょう。JY squareの近くです。コロナの影響とデリバリーオーダーが多くなっているのでしょうか。以前より店内の活気は中々ありませんが、それでも他のレストランと比べると潤っているほうですね。

店内の様子

そんな僕のオススメが、『Garlic beef pepper』なのですが、

この店舗にはありません。ハヤシライスのようなルーが何とも言えない美味しさなんです。では、このメニューがない時に僕が頼むセカンドオプションは、『Jolibee super meal』です。

このボリューム感良い感じですね。ライス、フライドチキン、パスタ、ハンバーグ、ドリンクがついて150ペソ(約320円)これさえ食べておけば、ジョリビーメニューの8割は網羅したといっても大丈夫でしょう。実際に味は、、

うん。。好き💛特にこのジョリビーパスタ。甘いソースですが、慣れてくると中毒性が抜群です💛

初めて食べられる方は少しびっくりすると思いますが、慣れてくると病みつきの味です。そしてジョリビー最大の売りであるフライドチキン、本来であればかなり高いクオリティーです。冗談抜きで美味しいのですが、たまに。。いや、よくはずれを引きます。それは何故か、

古いオイルを使っている時は要注意やで。

そうなんです。古いオイルを使っているフライドチキンの時は、とんでもない臭いに変貌します。この時に食べたジョリビーチキンはまさにその時でした。もう尋常ではない油臭さが口の中に蔓延したので、完食は諦めました。ただ実際は美味しいので、セブ島留学や、フィリピンに来た際は是非試してみてください。他にも香港、シンガポール等にも世界展開している会社なので、見つけたら是非食してみましょう。

その他のメニュー

●YUM burger 微妙な感じのハンバーガーです。ソースがバナナケチャップとマヨネーズのMIXしたもので、お子様は好きかもしれませんね。

●Joliee hotdog 海外特有のパリっとした感じのソーセージではなく、あのウニュウニュした触感のソーセージです、好みはあると思いますが、僕はあの手の触感がダメなのでNGでした。

●Paladog あんかけ焼きそばの、春雨バージョンみたいな感じです。個人的にはありですが表現しがたい味わいです(笑)

●デザート類 基本的にはアイス一択です(笑)あとはチョコレート等のソースが掛かっているかどうかですが、これは、外れがないですし21ペソ(約50円)でオーダーが出来るのでトライしてもいいですね。

等々、他にもコンボメニューや新作メニューもあるので、まだ挑戦していない方は、是非食べてみましょう。

まとめ

フィリピン人みんな大好きジョリビー。。僕も日本に帰る日があったら恋しくなるんだろうなぁ。。。と思います。セブ島は他にも、マクドナルド、KFC、Burger King等、日本でおなじみのファストフード店もあるのでご安心ください。もし口に合わなかったら、他のショップに逃げ込むことができます(笑)僕は今日は外回りの仕事があるので、もしかしたらお昼、、、ジョリビーかもしれません(笑)

それでは、またお会いしましょう。