素晴らしい!14日ぶりの外出!!

Life

みなさん、おはようございます。突如始まった14日間の隔離生活も無事に終えました!!もうタイトルから喜びがあふれ出ていますね。なにが嬉しいかというと、歩く。これにつきますね。部屋の中では運動もしていましたし、窓から外も見れるので、外が恋しい。なんてことはなかったのですが、歩く喜びに感動しました笑。亀仙人でいうと、

星と星がチューしとるわい💛

のように、地球が僕に吸い付いてきてくれます。それにしても本当にうれしいですね。突然1ルームに家族三人2週間隔離され、日本帰国が水の泡になり近隣住民からも文句を言われ続けた僕としては、本当にうれしい一日でした。では隔離明けの初日の行動を見てみましょう。

ただただ用事を済ます一日

18日に迫ったSWABテストのためにも極力人と接しないように心がけました。しかし帰国に向けてやらなければいけないことが少しあるので外に行かなければいけません。この辺はやはり日本と違って面倒ですね。ちなみに近隣住民とはトラブルのもととなるので、隔離期間中に助けてくれた人たちを除いては、まったく挨拶も交わさずに一日一日を過ごし、そしてセブを旅立とうと考えています。

PALでチケットの再予約

さっそく8時30分にオープンする予定の、PALゴロロドオフィスへ。前回のフライトチケット※2月5日分。をもって、これと全く同じフライト時間と荷物量のチケットを発行するように手続きしていると、

なんで帰国しなかったのですか??

息子から前日にコロナ陽性反応が出て出国を諦めたんです。レッドクロスでやったんですけど

あ~政府機関選んじゃったのね。それじゃあ駄目よ。この国の政府を信用しちゃダメ。

お客さんとの会話ではないですよね笑。でもこれがフィリピンです。こんな感じの会話もあと少しかぁ。としみじみ思う一幕です。電話で確認した際は、コロナの理由では返金、リスケができないという事でしたが、実際に店舗に行くと、すんなり対応してくれました。

SWABの結果とVISA、パスポートであとは日本側が必要書類があれば用意してください。

との事で、改めて担当者の方の名前を確認して、PALを後にしました。UC-MEDでテストを受ける際にPALチケットを持っていると5000ペソの料金が3800ペソになるとの事で、お得感もありますね。UC-MEDはチョンワや、セブドクと同じようにでかい病院なので今回こそ陰性結果を手に入れたいところです。

アヤラセントラルブロックへ

PALの予約もおわり、続いてアヤラ内にあるアップルストアへ。依然新しくアプリをダウンロードしようと思い、パスワード入力を数回間違えてしまい、そのままアカウントロックされてしまいました。マクタン空港に行く前にダウンロードしなくてはいけないアプリがあったり、日本側でも何かしら必要に迫られると思うので、この段階でアカウントロック解除を済ませてしまいます。アカウントロックはこちらの原因ではありますが、本当に帰るまでハラハラさせる国ですね。アプリのダウウンロードだったりは全然いいんですが、果たしてこの国人たちがそれらを管理できるのかどうか。ショッピングモールに行くと、名前や自分の詳細を記載しないと入れない店も多いのですが、僕は全部適当に書いています。たまに、〇だけ書く時だってあります。それでも入館できるのですから不思議ですよね。残念なことに、ここのアップルストアではロック解除はできずに、古いほうのアヤラに行かなくていけないみたいです笑。

妻のリクエスト、TOPPOKIMANを購入

アップルでの用事も終わり、妻から頼まれていたトッポキマンのトッポキを購入。本店はバニラッド、サンカルロス大学の近くにある韓国料理屋が連なっている小さいモールにあります。ここの韓国料理ですが、個人的にはコスパも全部含めてみると、セブで一番おいしいと思います。本店にはドンカツがあるのですがこれがとんでもない量かつ、美味しいです。オーナーのハンさんも非常に気さくでいい方で、よく奇麗な奥さんと歩いているのを見かけては挨拶をさせて頂いています。セブ島にはまだまだ沢山、韓国料理屋さんがありますよね。まだこのトッポキマンを試したことがない方は是非、お試しください。

妻のリクエストその②、J:COを購入

またしても、リクエストの購入です。そもそも家を出る前に、

18日に検査だから速やかに帰ってきてね。

と、言われていたのにも関わらず、外出中にリクエストのメールが。。。まぁ家で洗濯物を頑張ってくれてるのでいいのですが、すごいフィリピン人感を感じますね。さて、このJ:COですがシンガポールやほかの国にも展開しているドーナツ屋さんです。しかも、ドリンクを頼むと無料でドーナツをくれるという、セブでは珍しいシステムを取り入れているお店です。セブ島にはDANKINドーナツ、Mrドーナツもありますが、とてもじゃないですが美味しいと言えるレベルではないですよね。このJ:COは比較的甘さも控えで、あのギッシリとした記事ではなくフワフワ生地なので重宝しています。私が仕事でシンガポールへ行った際に、J:COを発見して無料ドーナツをもらうため、アイスアメリカンを頼んでワクワクして待っていたら、シンガポールは無料ドーナツサービスがないようで、凍えるようなエアコン強のショッピングモールの中で、コーヒーを啜った記憶が蘇ります。

まとめ

こんな感じでようやく普段の日常に戻れた感じです。しかし日本に帰ったらまた2週間の隔離が始まるのですね。トータルで約1か月間外出できないってきついですね。まぁ飽食の世の中、ブログもできますし仕事もあるので、セブにいるよりかは遥かに隔離生活が上がる事は間違いないでしょう笑。

それでは、またお会いしましょう。