隔離中の動きを覗いてみよう

Life

みなさん、こんにちは。先週の金曜日から新しい会社で就業が始まっています。3年ぶりに日本での仕事は僕に対してどんな経験をもたらしてくれるのであろうと、胸を躍らせている反面、フィリピンスタイルが抜けていなかったらどうしよう。と思ってしまう自分もいるわけです笑。なにはともあれ、このコロナ渦中でも仕事はある。という事が言えますね。さて、日本来てから7週間がたちましたが、今回は僕の家族が日本でどのような生活をしているか見てみましょう。あっ、全く関係ない話ですが、広瀬すずちゃんが凄く綺麗になっているのがビックリしました。

tumatoshiファミリーの一日(隔離期間中)

時系列別生活

まだまだ隔離中真っただ中なので、特にやる事はありませんが、ひとまずどんな流れか見てみましょう。

6時・・tumatoshi起床

7時・・朝食用意、仕事準備

8時・・tumatoshi就業&妻・息子起床。

12時・・朝食

13時・・tumatoshi休憩終了

14時・・妻、息子昼寝

17時・・tumatoshi仕事終了

18時・・tumatoshi父帰宅

19時30分・・入浴

22時・・就寝

超絶、健康体な生活を送っていますね。それに仕事をしつつの生活ではありますが、営業所周り等ができないので、データを見ながらPCをパツパチやるのですが、とにかくお腹がすいてしょうがないです。

フィリピン人国籍妻・息子の食事

全力で日本食を楽しんでます笑。幸いなことに、セブ在住時は僕が日本食を作りまくったり、ランダースでマグロ刺身を購入をしたりと日本食の味に抵抗がなく食べてくれています。勿論納豆はNGですが、そのほかに関しては味噌汁や酢の物もモリモリ食べています。息子は日本米の粘土に戸惑いを見せながらも、食べまくっている状況です。僕の知り合いにフィリピン人奥さんを持っている方が何名かいますが、食が合わないという事で、食事中は地獄だよ。というコメントも聞いたことがあります笑。

隔離期間中の外出について

僕の家族分の社会保険等を申請しなければいけないので、会社に確認をすると申請書を確認すると、どれもこれもマイナンバーと紐づけられて、彼らのマイナンバーが必要になってきます。という事で、厚生労働省に確認の電話を入れると、

保険証作成のために区役所にいきたいのですが

健康上の理由を兼ねているのでは、外出は可能です。

食事の購入等は?

そうですね。こちらもライフラインの中に入りますので、外出可能です。

少し血圧が高いのでジョギング等は??

えぇ。こちらも人の少ないところで行ってもらえれば大丈夫です。

基本的には外出できますね。ただ僕たち、必要最低限は外出しないと決めていたので、僕が区役所に行った以外は外出は控えました。しかし厚生労働省側からすると、不要不急以外の外出は不可。ライフラインに関わるものであれば外出は可能。という事でしたので基本的には自己責任の上で外出は大丈夫でそうですね。ラインを通じての体調報告等があり先進国感は出ていますが、管理のレベルはほぼフィリピンと同じぐらいだと感じました笑。日本という先進国は先進国なのでしょうか。管さんの長男が7万円超の接待費も可愛いもんですね。

妻と息子の住民登録

さて、そんな流れだったので厚生労働省の許可の元、妻と息子の住民登録を区役所に行ってきました。必要なものは、

在留カード

パスポート

申請人の身分証明書

この3つをもって窓口で待って区役所に行き、住民登録をしたい旨をつたえればOKです。なんとも簡単ですね。セブに住んでいた際の書類を手に入れるのに最低でも1日待たないといけないシステムが懐かしく思いました。この住民登録を済ませた瞬間に、彼らにはマイナンバーが配布されます。勿論カードの発行等は手続きが必要ですが、そこは隔離明けに対応していきたいと思います。

まとめ

こんな感じで、日本の隔離システムは言ってしまうと非常に緩いです。ライフラインと理由をこじつけると、基本的に外に出れると思います。これを理由に外出される方は沢山いますが、僕対家族はセブ生活の時もそうでしたが日本の法律を守って、残りの1週間を過ごしていきたいところですね。今週は日本で大人気ウーバーイートを頼んでみようと思うので、彼らのリアクションも混みでブログに起こしていきたいと思います。

それでは、またお会いしましょう。