日本語学校は高い?!?!日本語0ベースの外国人におススメ教室

Life

みなさん、こんにちは。悲しいもので、このブログもすでに1か月半放置され、着実にブログを書くことが億劫になってきてしまっている私です。。。前回の記事でも書きましたが、いかんせん毎日パチパチPC作業と電話で完全に、やる気をそがれています。セブで働いていた時のイキイキとしたtumatoshiが懐かしいです。今日は日本に、これから外国人を招待する方や、日本語を習いたいという方におススメの情報をお伝えしいと思います。

日本における外国人むけの日本語について

元々日本語が話せるのであればVery Good.

まずは根本的に、外国人の方が日本語を喋れて来日するのであれば、全くこの記事は必要ないのですが、僕の妻だと日本語0レベルで来日していたので、、、、そもそも、セブ島で生活をしていた際も英語コミュニケーションが主だったので、日本語はフル無視してきたのですが、さすがに日本生活が半年ほどたってくると、やはり日本語は必要だと感じ始めてきました。

日本語のレベル階級について

日本語レベルは、日本語能力試験というものがありN1~N5というレベルに分かれています。N5が一番低く、数字が少なくなっていくにつれて、日本語レベルが上がっていきます。まだ僕の妻は、まだ試験を受けた事がないのです.受験の流れ等は、その時が来たらブログにあげていきたいと思います。日本語能力試験は、Japanese Language Proficiency Testと言われています。JLPTともいわれています。詳しくは、こちらのJPLTのリンクより確認をお願いします。

https://www.jlpt.jp/e/

日本語学校の相場

一括りに幾らとは言い切れない部分はありますが、調べていると1年半の期間で80万~100万円程かかるようですね。含まれているのは教材や検定代などなどですが、きっと自腹で払うとなると本気で取り組めるので、1年半もあればある程度喋れるようになるとは思いますが、いかんせん僕の妻の場合は、僕が支払う事と子供もまだ小さいのと、フィリピン人という事できっと、さぼる事が増えてくるかと思います。残念ながら学校には通わせれる事はないですね。それと、周りに2名程知り合いのフィリピン人が、N5レベルの検定をもっているのすが、話す言葉は『スコシダケ』『モッタイナイ』ぐらいです笑。ただしこの金額も月額で考えるのであれば、十分安く感じる事もあります。寮も完備しているところがあるようで、セブ島留学と同じように、相部屋という選択肢をすれば、高田馬場や原宿近辺など、とても僕では住めないようなところにも住む事が可能になります。では、続いてお金をあまりかけずに日本語の基礎を学ぶにはどうしたらいいか。見てみましょう。

区役所や自治体がやっているボランティアを頼る

江東区で日本語教室を探してみた

前述したように、僕の妻は日本語レベルが0の為+子供もいるので、高額の学校費を払ったとしても途中で挫折したり、辞めてしまったりという可能性もあります。そこで、最初はジモティーや掲示板等も使い先生を探していたのですが、値段相場がマチマチな事と、一人一人のスキルにもばらつきがあるため、お金を支払うというところには疑問を抱きました。そこで区役所に、

区役所が行っている日本語を教えている団体等はありますか?

と質問すると、資料を頂き早速調べてみました。tumatoshiファミリーは江東区というところに住んでいるので、調べてみると、、、安い!!!1時間~2時間程のレッスンで500円~の価格です!!!

画像

因みに隣の江戸川区というところになると、300円前後まで相場が下がります。

http://www.tnvn.jp/guide/tokyo-23-wards/edogawaku/

これなら1ヵ月2000円ほどで週一回のレッスンが受けれます。今回、妻と僕が選んだ日本語教室は、『パルシティ江東』で行われている『やさしい日本語教室』さんです。ここは一回のレッスンが500円です。更にここを選んだ理由が、パルシティ江東利用者に対して、託児所の利用を許可されているからです。この託児所は10時~12時、13時~15時の二時間制で1回300円で利用できます。レッスン料+託児所料金800円という破格の値段で受けられます。

やさしい日本語教室について

さて早速、区役所で貰った用紙に記載されているアドレスに連絡を取って、予約を取ります。ここでは日本語で大丈夫ですので、私が妻の代わりに、日本語のレベルや現状を報告。返信もスムーズに頂き、教室当日まで待ちます。この日本語教室は毎週金曜日に行われます。そして、晴れて初の日本語教室に、私と妻、そして息子で向かいました。代表の方から、託児所のシステム、教室のシステム等詳しく説明を貰い、

今日はお子様もおられるので、説明だけですね。託児所は登録が必要なため、2週間後から利用が出来ます。

なるほど。例えば今日、僕が息子と外で遊んで、その間に授業を受ける事は可能ですか?

大丈夫ですけど、お父様お仕事は。。。。。???

リモートなんで、、まぁ大丈夫ですよ、、

僕の仕事は自由度が高いために、出張時以外はほぼ家族と過ごせるのですが、おかげで少し怪しい目で見られることもあります笑。そんな流れで、いきなり妻に授業参戦をしてもらう事にしました。色々と登録をする用紙を記入するのですが、私が書こうとすると、

日本語になれるために、彼女に書いてもらいましょう。番号を書いてください。わかります?なんばーです。なんばー。

Ahhh・・・What did she say??What`s number??

これは、、、まさか、、、お互いに言葉が通じない、、、と思いながらも僕は、頑張れ!!と思うしかなく、息子と外の公園に遊びに行きました。それにしても、日本の夏は暑い、砂場で遊んでいる息子を傍らに、僕はベンチで座る事しか出来ませんでした。

初教室を終えて

2時間ほどの時間が経ち、僕と息子は妻を迎えに行き、早速感想を聞くと、、

初めての日本語教室はどうだった?

全然よかったよ。先生も優しかったし、マンツーマンだし、先生は英語わからないし、こっちも日本語わからなかったけど、言いたいことは何となくわかったよ!

おぉ~。これは良い感じではないか。もしかして、いや全然だめ。やっぱりお金をかけないとだめだ。なんて言われたら、どうしようかとハラハラしていたので良かったです。肝心の授業内容ですが、僕は受けていなので妻の話によると、

・日本語で何をしたか聞かれる。読み書きor喋り。※妻は喋りを選択。

・授業スタート。当日は、『それ、これ、あれ』を学んだそうです。

なので、早速気分がよくなったのか

アレハナンデスカ??

を連発していました。授業の資料ですが、日本語教科書をカラープリントして渡してくれるので、その教科書代+託児所で800円であれば、とてもお得ですね。先生とも電話番号の交換をし、わからない事があったら連絡をするように言われているようです。ただしローマ字だそうですが。。。笑。

まとめ

現在、tumatoshi妻は、この教室を計3回受けています。8月中は夏休みという事で教室が無いのですが、それでも日本語力0の人からすれば十分すぎる内容だと思います。この計3回のうちで彼女が覚えてきたことは、

・これ、それ、あれ。の使い方

・時間、月、曜日、日にち。

・簡単な挨拶。

・~お願いします。~は、なんですか?~はどこですか?どれですか?

・単語50種類ほど。

個人差はある事と、フィリピン人は言葉を覚える事に長けているというアドバンテージがあるにしろ、2400円でここまで覚えてくれれば充分ですよね。今後のプランですが、ある程度日本語が増えてきたたら、曜日が違う教室を組み込んで向上していってもらいます。本格的な日本語教室が必要であれば、それから先でも十分ですし。税金もしっかり払っている事ですし、自治体の活動を極力使っていこうと思っている、今日この頃です。

それでは、またお会いしましょう。